よしレポ〜大学生の気まぐれ食レポ〜

よしレポ~大学生の気まぐれ食レポ~の裏側を書き綴ります

新感覚!お好み焼きの話



『訳あって、店名と料理の正式名称を

お伝えできないのが悔やまれる』



一体、どんな訳があれば

このような事態になってしまうのだろうか...



このブログを運営する理由の1つである

”あの投稿の裏側” を語っていく



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




家族3人(兄は不在)で、

あるお好み焼き屋さんに行った

ここには何度も行ったことがあるため

「今日は何を頼もうかな」くらいの

軽い気持ちで入店した






席に案内されると、お水とともに

その時期のオススメや期間限定商品を

店員さんが説明してくれる





ただ、オススメではなく

来る途中に考えていた「食べたいもの」を

注文するのがいつもなのだが





その店員さんの説明が上手で

料理がとても魅力的に見えたので

思い切って期間限定のお好み焼きを

注文してみることにした
















父は、何が食べたいかという話を

家族でしている際に

「牡蠣が食べたい」

と言っていたのにも関わらず

お好み焼き屋に連れてこられた身だった。




その本来の欲望を店内で思い出したのか


「牡蠣がのった
お好み焼きにする」


こう言って、

牡蠣が5つ乗った料理を注文していた























数分後、

香りや見た目も申し分ないお好み焼きが

テーブル上の鉄板に入場した

f:id:Yoshi-repo:20190330112337j:plain










小さなコテで食べやすいサイズに切り




待望の1口目...!















おぉ....















豚玉という広大な大地の上で

ネギが青々と広がる草原を

とろろがとめどなく溢れる水を

卵が生命の美しさを見事に表現しており





まさに"完成された"お好み焼であった
















父の方を見ると、何か不思議そうな顔をして

お好み焼きを眺めている








「牡蠣がのったお好み焼き」なのに

牡蠣が1粒も見当たらないのだ















店員さんは、確かに注文通りの料理を

持ってきてくれた。








「ありがとう」と言って受け取った手前、

肝心の牡蠣がない状況に

困惑している様子であった。








「店員さんに聞いてみたら?」

と父に言うと








「いや、スライスして
入ってるんかもしれん」








と頑なに店員さんを信じており

そのまま食べ始めた














怪訝そうな顔をしている父をよそ目に

ふわとろお好み焼きを堪能していると

事件が起こった





















ガリッッ














!?!?!?!?














口の中に変な音と

それまでなかった食感が広がる














砂抜きがちゃんとできていない

アサリを食べた時のような食感....














まさかと思い

その"ガリガリするやつ"のみ

口の中から出してみた

(汚い話でごめんなさい)








白い...







みたことある...







『卵の殻』であった







それも、決して小さくない







1センチ×1センチ ほどの


大きな殻が1枚 

目の前に現れた。














「まぁ、こんなこともあるか」







そう思って気にせず食べ進めると

またもや殻が見つかった。







先ほどのサイズと同じか

もう少し大きいくらいの殻が

2枚も入っている






カルシウム満点
お好み焼きであった



















一方、まだ見ぬ牡蠣に想いを馳せていた

父も我慢しきれなくなったのか






「ちょっと店員さんに聞いてみる」

と、お好み焼きの4/5を食べた時点で

突然思い立ったように言い出した











牡蠣を食べてから「牡蠣がのっていない」と

言っているという推測が容易いこの状況で


なんともクレーマーまがいのことをする

挑戦的な父に驚いた












私は決して言わなかった。







タイミング的にも

空気的にも絶対に言えなかったのだが







その時確かに












もっとはよ言わんかい
















という思いでいっぱいであった










隣に座って黙っていた母も

おそらく同じことを思っただろう








店員さんを呼び

緊張のジャッジタイム!






父ののどちらが正しいのか!





店員さんの言葉は...!















「すいません、牡蠣が
入ってなかったみたいです」
















勝訴















こんなにも微妙な気持ちになったのは

いつぶりだろうか














「もう一度、作り直す」

と店員さんが提案してくれたのだが

もうお腹いっぱいだったので

牡蠣を焼いて持ってきてもらうことになった

(単品メニューとして
 牡蠣のソテーがあったため実現した)







入っているはずの牡蠣が入っておらず

入っていないはずの卵の殻が入っていた

色々な意味で新感覚を体験できた







「これが入ってないとか、
   なんで気づかんかったんやろ」



遅れてやってきた牡蠣を食べながら

父がボソッと呟いたこの言葉に

何も返すことができなかった

にほんブログ村 グルメブログへ

ポチッと押して「読み終わったよ!」って教えてね





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店名を言ってしまうと、臨機応変な対応を

してくれた店の中傷になるので

今回は控えさせていただきます。

ふわとろの沼にハマった話

みなさんも一度は見たことがあるであろう

あの”卵にナイフを入れて完成する
オムライス”
を実際に楽しんできた


『ぷかぷかキッチン』という店名もあり

カフェと海の家を足して2で割ったような

オシャレな中ワイルドさを忘れない雰囲気の中

あのオムライスが提供される




f:id:Yoshi-repo:20190324013418j:plain







想像より大きなオムレツが乗った

ケチャップライスがやってきた






内なる可能性を秘めたそのフォルムに

誰もが息をのんだのは言うまでもない








いざ、実食!







となるわけがない。

皆が一度は駆り立てられたことがあろう衝動




PURU PURU SHITAI (注:プルプルしたい)




これをせずして

このオムライスを楽しめようか

















他の子たちにまだ料理が

届いていないことをいいことに

ひたすらお皿を揺らすことに注力していた









ぷるぷるプルプルPURUPURUpurupuruprpr...










揺れる。面白いほどしてくれる。

こんなに期待に応えてくれるオムライスに

初めて出会った









このオムライスがある未来は明るい。

理不尽で腑に落ちないことが多く

「自分とは一体なんなんだろう」と

考え込んでしまうことが多い世の中に

光を当てることができる。

















オムライスのある生活に想いを馳せながら

お皿を揺らしてプルプルを楽しんでいると

親戚のお姉さんとして1人くらいいそうな

店員さんがやってきた

























優しい笑顔でプルプル中毒者に対して





「卵がかたくなっちゃうので
はやめに切ってくださいね」





と忠告してくれた。












内心は「遊んでんと、はよ切らんかい」
思っていただろう。

提供した料理を食べずに遊んでいるのだから。












店員さんにブチ切れられるのも

せっかくの機会というのもあり嫌なので








いざ、実食!(2回目)











緊張の一瞬…!









あれ?









ナイフを当てると








また違ったプルプルが楽しめるぞ...?






あれだ






ツンツンするタイプのやつだ





いけない





新たなプルプルに対して
ナイフを入れる気持ちまでpurupuruしてくる













...怒られたくない










ぷちゅ...








(誘惑に勝った音)














ナイフを入れると、中にいた半熟卵たちが

一斉にケチャップライスの上に広がる




広がる半熟卵を見ていると

昔の記憶が蘇る。














小学校の運動会の時

演目ごとに入退場をしていたが

あの時、やたらと気合を入れて

ヤァーーーーーーーーーーーーー!

と謎の勢いのもと走って位置についた

南中ソーランが懐かしい














特製のデミグラスソースをかけて

もう食べる準備は整った!!!!!!!!

f:id:Yoshi-repo:20190324013500j:plain











いざ、実s(略










ぷるうま...!









半熟卵とケチャップライスが絶妙に絡み合い

それらが織りなすハーモニーが

至福の時間を提供してくれた








誘惑に勝った者だけが得られる達成感を

経験したい人に ぜひ行って欲しい



にほんブログ村 グルメブログへ

ポチッと押して「読み終わったよ!」って教えてね





一風堂という名のトリックハウス【一風堂 白丸元味790円】

ある昼下がり、何を食べようか悩んでいると、ひとつの看板が目に留まった。











一風堂




あぁ、ラーメンね。

他に食べたいもの思いつかんし・・・




軽い気持ちで入った一風堂



その時には、まさかこんなレポートを

するとは思っていなかった。















席に案内されると

「すぐにお水をお持ちしますね」と言われて、

水がそれなりに入ったコップを渡された。






喉が渇いていたので、

すぐにその水に手を伸ばし口にした瞬間


















!?















違う















味がある









「この水おいしい〜」
とかそんなレベルではない何かが入っている














家で飲んだことがある










ルイボスティー
















と言って渡されたのはルイボスティー

紅茶である。水ちゃうやん。

味がないと思っていたものに味があったのだ。


















これは、誰も居ないと思って入った部屋に

誰かが座っていたときくらいの驚きだった。











「えっ、あっ、すいません?????」と

何故か謝ってしまうやつだ。









もしかしたら、彼らの中でというのは

液体全てを指すのだろうか? 

いや、そんなはずはない。











「コーラ 1つ、3番テーブル!」と
店員さんが言うのを聞いていたからだ。













そう、私は彼らのトラップに
まんまとかかってしまったのだ。












きっと厨房の裏では、
娘が思春期でコミュニケーションの取り方に悩んでいる
オーナーが、高級でフカフカなソファーに座って

罠にかかった私を
モニター越しに見て笑っているのだろう
















言われた通りのものが出てくると
勝手に油断していた自分が恥ずかしくなった。
ここで警戒心を高めたのは言うまでもない。



















冷静になったところで、
単品で白丸元味(バリカタ)を頼んだ。
すると、2分足らずで提供された。
すごく早い。全然待っていない。

f:id:Yoshi-repo:20190313215430j:plain

トラップの衝撃から立ち直るため、
ちょっと待って欲しかったくらいだ。
















しかし、私は一度学習している。
先ほどの経験で頭はフル回転しているのだ。















「本当に白丸元味なのか?」















一度、と言われてルイボスティーだった。

次は逆に味がない、もしくは食べることさえも

できない食品サンプルではないのか?


















このままスープを口にするほどバカではない。
ほら、さっさと種明かしをしたらどうだ。


















想像上の悪趣味オーナーに
勝ち誇った気で3分ほど待った。











しかし、いくら待っても、
あの神隠し映画の最後のシーンで
千尋が「ここにはお父さんもお母さんもいないもん」と言い、ポンっと音がなり
「大当たりぃ〜!」となる感じにならない













大当たりにはならなかったが、
頭の中にひとつの考えが浮かんできた














麺が伸びるだろう











目の前に置かれたラーメンと外見が
そっくりな何かを見つめて、深呼吸をした。















トラップであろうがなかろうが
この現実を受け入れるほかないと覚悟を決め
ひと口スープを啜った。













寒い強風で冷えた心と身体に
温かいスープが染み渡る。








「ありがとうございます」






もう白丸元味かどうかなど関係ない

ただ出逢えたことに感謝の念が湧いてきた











きくらげが食感にコリコリとしたアクセントをつけ、備え付けのすりゴマがスープの風味を一層豊かにしてくれる。












ラーメンというステージ上で
豚骨ベースのライブを体験したい方は、
ぜひトラップに気をつけながら行ってみてはいかがだろうか

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
ポチッと押して「読み終わったよ!」って教えてね


自己紹介

みなさん、初めまして!

よしレポ〜大学生の気まぐれ食レポ

こちらのブログには、食レポと言いながら
インスタグラムで語りきれない
投稿の裏側を書き綴っていきます!

もう食レポと思わないでもいいです。
大学生の食にまつわる日記くらいの感覚で
サクッと見ていただければ幸いです!

よろしくお願いします〜
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村